大人のADHD診断基準は?

大人のADHDに診断基準はあるんでしょうか?

 

 

まずは自分でできるADHDのチェック方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

・約束や、しなくてはいけない事を忘れたことがありますか?

 

 

・物事をやることにより、山場は超えたのに、詰めが甘く結局失敗した
というケースはどのぐらいの頻度でありますか?

 

 

・計画性が必要な仕事で、作業を行うにあたり作業を順序だてて
実行するのに難しいと感じた頻度はどのぐらいありますか?

 

 

・じっくりと考えなければならない課題に取り掛かるのに
それを避けたり後回しにしたりする頻度はどのぐらいありますか?

 

 

・長時間座っていなければならない場面で、手足を動かしてしまったり、
もぞもぞしてしまうことがどのぐらいの頻度でありますか?

 

 

・考える前より先にまるで何かに駆り立てられるように衝動的に動いてしまったり、
行動せずにいられなくなることはありますか?

 

 

これらの項目に対して

 

 

■非常に頻繁にある

 

■頻繁にある

 

■時々

 

■めったにない

 

■全くない

 

 

一番近い答えにあてはめていきます。

 

 

以上が大人のADHDのセルフチェックリストです。

 

 

これらのセルフチェックはあくまで自分でのチェックとなります。

 

 

最終判断は専門医療機関で診断を受けることになります。

 

 

最初に自分がADHDかな?と思えば

 

こちらのセルフチェックをまずは行い、医療機関受診の前に

 

診断結果を報告すると、治療の参考になります。