大人のADHDの治療方法は?

もしかして、私ADHD?と思ったら

 

早めに医療機関を受診するのも方法のうちの一つです。

 

 

今では大人のADHDの治療方法も確立されているので、

 

生きていくのに辛い場合は、

 

積極的に治療を受けるべきだと個人的に思います。

 

治療の具体的な方法

大人のADHDの治療方法は、

 

まず身の周りの改善・協力からはじめていきます。

 

 

伝え方を端的に短く伝えたり、

 

周囲にもこういった特徴があると伝えて

 

苦手分野を理解してもらう、など。

 

 

またADHD本人も、

 

「人の話を最後まで聞く」

 

「じっくり考えてから話す」

 

「集中力を邪魔するものをそもそも排除する」

 

 

など、社会生活で必要なソーシャルスキルを身につけていく

 

治療が行われます。

大人のADHD投薬治療

大人のADHDの根本的な原因はすべてはまだわかっていません。

 

 

今のところ、

 

脳の物質である

 

「ドーパミン」や「アドレナリン」の神経伝達物質が

 

不足することでADHDを発症していると考えられています。

 

 

そのため、脳内の神経伝達物質を活発化させる

 

メチルフェニデートやアトモキセチンを投薬し、治療することもあります。